2008年02月20日

指輪のルーツ

指輪(ゆびわ)は、手の指にはめる輪状の装飾品。

宝石を付したものもある。稀に足の指にはめるものもある。

歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもある。

素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多い。

木やアクリルのものもある。

有史以来存在し、はめる指により指輪に意味があるとされる。

左手の薬指につける指輪は「結婚指輪」とされ「聖なる誓い」の意味が付される。

結婚指輪については右手の薬指につける国や地域もある。古代ローマにおいては印鑑として用いられた。

Wikipedia参照

シルバーアクセサリー
posted by r229 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(2) | ├指輪(リング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。